形状でのスチームクリーナーの分類

スチームクリーナーはその仕組みでボイラー式とポンプ式に分かれると説明しましたが、スチームクリーナー自体の形でも分類することが出来ます。それがキャニスタータイプと、ハンディタイプとモップタイプです。

形状別それぞれの特徴

キャニスタータイプは、普通の掃除機のような形状のことです。本体は重いのですが、持つところはそれほど重くなく、取り回しがよく、タンクも大きいのであらゆるところの掃除に向いています。そして長時間しよう可能なところが最も嬉しいポイント。ただし、保管場所をとってしまうという欠点もあります。


ハンディタイプは、ハンディ掃除機のようなものと思ってください。コンパクトが一番の売りであらゆる細かな場所に適していますが、本体自体を持っていないと行けなく、疲れやすくもあります。また、タンクが小さいので長時間の使用には不向きです。普通のキャニスタータイプでは届かない場所や使えない場所では、重宝することでしょう。


最後にモップタイプは床掃除に最適。さらにコンパクトですが、その使用に限られます。それ以外で使うとなるとちょっと、性能不足の感があります。この容易形状によっても分類ができますから、あなたが使う用途に合わせて選んでください。

FX Online Japanの詳細はコチラ