排卵検査薬の購入や使い方

排卵検査薬の使い方とタイミングを理解しましょう

使用したことのある方はご存じかもしれませんが、日本製のと海外製の排卵検査薬では使い方が少し違っていますから購入する前に知っておきましょう。

薬剤師さん

まず日本製ですが、基本的に日本製の検査薬は使い方はどれも同じといっていいでしょう。尿をかけるか、採尿した後に浸して、キャップをして一定時間平らな場所において待ったあと、検査薬にでたラインの数で判定します。製品によって尿をかける時間や浸す時間、そして判定が出るまでの時間が多少違ってくる種類も少数ですがあります。大体は2〜5秒ほど尿に浸し、その後3〜10分で結果がでます。

一方、海外製は、検査薬自体が小さいことから採尿したものに浸して検査するものがほとんどです。また、判定時間は5分以内で、それ以上の結果は正確ではないという注意書きもあります。判定の曖昧さが日本製よりもあることが難点といえるでしょう。

しかし、コストの面では圧倒的に海外製検査薬の方がメリットが高いので、利用してみるのもいいかもしれません。しかし、いくら安いからといって、一番重要な正確性という観点を忘れてはいけません。バランスよく、正確性や使い勝手、コストなど、それぞれのいい面を考えて製品選びを行うことが重要です。

以上はあくまで日本製と海外製の一般的な違いです。もちろん海外製で安い排卵検査薬でも正確性も問題がない排卵検査薬もあります。

排卵検査薬を使い始めるタイミング

排卵検査薬を使用する為には、おおよその排卵日を特定しておく必要があります。多くの方は基礎体温の変化によって予測しますが、実際行ってみると基礎体温の変化のみで排卵日を予測するのはかなり難易度が高いと言えます。

よほど慣れている方ならば問題ないかもしれませんが、出来る方はそう多くはないと考えられます。より正確性を増すためには、生理周期で排卵日を予測する方法があります。生理周期が28日の方であれば、中間の14日頃が排卵日の可能性が高いと言えます。この場合、直近の生理日から10日目か11日目頃から排卵検査薬を使用すれば排卵日を逃すことはないでしょう。

もしも生理周期がずれやすい方は、排卵予定日から最低3日は検査薬の使用を早く開始します。生理周期の乱れがひどい場合は排卵予測が難しいですから、医師と相談して検査薬の使用のタイミングを図ることをおすすめします。

排卵検査薬は通販で購入

妊娠は女性にしかない神秘的なことで、発覚をしてから280日間お腹の中で大事に育てられて外でやっと誕生してくるのです。

最初は丸い受精卵から徐々に人間の形へと形成されているということは非常に不思議なことで嬉しいことでもあります。

妊娠をするには、排卵と受精、そして着床の3つがうまくいなかければ叶いません。特に、排卵は妊娠をする為のスタート地点となっているため、排卵がない場合には妊娠をすることができません。

排卵した受精卵は、精子をずっと待ち続け子宮へと発進をします。卵子は24時間、そして精子は3日間と短い時間の中で出会いそして子宮へいかなければいけないものです。精子の数は何億個ですから、この中で生き延びたものだけが母親の元へ帰ってくるのです。

妊娠の元になっている排卵はいつくるのか?女性の中でも把握していない方は多いのではないでしょうか?排卵検査薬の使い方をマスターして利用すれば、いつが排卵日なのかを特定することができるため計画的な妊娠をすることができます。

排卵検査薬は通販で購入ができるので、予算に合わせて検討してみるといいでしょう。様々な国のものがあるので、購入する際には使い方が簡単と思えるもので正確に排卵日がチェックできるものを選びましょう。

サイト内検索

-排卵検査薬の購入や使い方

© 2022 排卵検査薬を使うと妊娠の確率を上げることができます Powered by AFFINGER5