排卵検査薬の購入や使い方

妊娠の可能性がある日と確率を考えて計画する

排卵日を意識して健康な男女が性交渉をした場合で受胎確率はだいたい20〜30%です。排卵日を意識したとしても妊娠という結果になる確率は決して高いとは言えません。

手をつなぐカップル

またこの確率は年齢を重ねるにつれ低下します。20代前半の場合、その確率は25%で、20代後半の場合は15〜20%になります。そして30代前半の場合は10%、30代後半の場合は8%という結果です。

あくまでも平均値になりますが、加齢とともに確率が下がるというのは事実ですので、この点はあらかじめ踏まえておきたいところです。

また確率が下がる要素は、年齢以外にもあります。たとえばアルコール、タバコといった嗜好品。そしてストレスや肥満といった要素も関係してきます。妊娠を望むのであれば、それなりに我慢したりすることも出てきます。努力も多少は必要になります。

たとえ妊娠確率が25%あったとしても、4回の性交渉で必ず妊娠するというものでもないのです。妊娠の場合、妊娠の確率は高いということはありますが、必ず妊娠するということはないのです。

排卵日を知るために排卵検査薬を使い排卵日を判断して性交渉をしていても、なかなか妊娠できないというケースがあるのはこのためです。

妊娠計画のアイテムに排卵検査薬

妊娠には、妊娠しない日とする可能性が高い日があります。妊娠しにくいというのはいわゆる排卵がないということです。

排卵をしていないということは、卵子がない状態ですので受精をする確率は全くありませんが、精子との兼ね合いで排卵日とずれてしまうケースもあります。

通常精子が生き延びることができるのは3日間と言われていますが、中には1週間ほど生きている場合もあります。少しタイミングがずれてしまって精子が元気生きている間に排卵してしまうと妊娠の確率が一気に高くなります。妊娠を計画的に行いたいという場合には、この排卵のタイミングを掴む必要があります。精子も長く元気でいる場合もあることも頭の片隅に置いておきましょう。

ただし、排卵をしているかどうかというのは目視では確認することができません。それに、生理だから妊娠しない・・・というわけでもないので、なかなか判断をするのが難しいものです。

こういったときに排卵検査薬を利用すると、排卵をしているかどうかの確認をすることができます。排卵検査薬は、非常に簡単に利用でき、排卵日を特定することができます。

サイト内検索

-排卵検査薬の購入や使い方

© 2022 排卵検査薬を使うと妊娠の確率を上げることができます Powered by AFFINGER5