妊娠の確率が最も高い仲良しのタイミングはいつかご存知ですか?

排卵日は妊娠しやすい日だと一般的に認識されています。排卵日が妊娠可能な日に間違いはありませんが、最も妊娠しやすい日ではありません。

公園のカップル

妊娠可能な期間は排卵日当日だけではなく排卵の5日前から排卵後12時間までです。その期間で最も妊娠しやすい日は排卵日の2日前になります。

多くの方が妊娠しやすい日と考えている排卵当日は、妊娠可能な期間(5日前から排卵後12時間)で、最も妊娠する確率が下がってしまいます。

仲良しをすれば必ず妊娠するということはありません。妊娠する可能性は、仲良しのタイミングに大きく左右されます。

仲良しのタイミングを知るために役立つのが、自分の排卵日を知ることができる「排卵検査薬」です。

排卵検査薬は多くのメーカーから発売されています。多くの種類があり品質や価格なども排卵検査薬によって変わります。

妊娠するために最も重要なのは、排卵日をいかに早く知ることができるかです。いくつかの注意点をポイントを絞ってご紹介します。

感度が良い排卵検査薬は早く排卵日を教えてくれる

  1. 多嚢胞性卵巣症候群の人は比較的LHホルモン値が高いので、感度の低い排卵検査薬がおすすめ
  2. 日本メーカーの排卵検査薬は、薬剤師のいる薬局で薬剤師の指導を受けてから購入する必要があります。ネットでも同様です。
  3. アメリカ製、中国製の排卵検査薬は薬剤師の指導なしでネットで購入が可能。(個人が使用する目的とし購入する場合は法律で認められているからです)
  4. 価格がまちまち

[table id=1 responsive=scroll/]

排卵検査薬の選び方

  • ・コスパと正確性を追求するならワンステップ排卵検査薬クリアがベスト
  • ・日本製にこだわりがあるならドゥテストLH・Ⅱ
  • ・正確性は無視しても格安のものを選ぶならDAVID排卵検査薬

格安でも正確でなければ意味がありませんので、最もおすすめできるのは、ワンステップ排卵検査薬クリアです。

神秘の妊娠を支える排卵検査薬

妊娠し、お腹の中で赤ちゃんが育っていく。これはまさに神秘的な出来事です。妊娠期間はよく10月10日などと言われますが、実際は約280日です。

お腹を触る妊婦

お母さんになる女性は、その280日にもわたり未来の我が子を育んでいく訳です。我が子が誕生したときの喜びもひとしおなのではないでしょうか。

意識しようとしまいと「排卵→受精→着床」の流れを経て妊娠します。計画的に妊娠をするためには、排卵のタイミングを知ることが重要です。そのために、排卵検査薬というアイテムが販売されています。お店で買うのは少し恥ずかしいと感じてしまう方もいるかもしれませんが、前述した様に通販でも購入が可能です。

妊娠は偶然とも言える確率によるものです。ですから神秘や奇跡といった言葉でよく形容され、何らかの問題により、なかなか妊娠しないという事もあります。

妊娠するための対策も、いろいろと提案されています。妊娠にはタイミングが重要です。自宅でも妊娠の確率を高める排卵検査薬を活用しましょう。そして待望の妊娠がわかったら、喜びをパートナーの方とわかちあいましょう。

排卵検査薬でベストタイミングを

仲良くすれば必ず妊娠するということはありません。健康である限り妊娠する可能性がゼロはありませんが、可能性がどの程度あるのかは、仲良しのタイミングなどによって左右されます。

可能性があるのは排卵5日前から排卵後12時間です。排卵がなければその可能性は低くなります。しかし排卵がないときでも、仲良くすることで排卵が引き起こされるということもあります。

ただ妊娠の可能性を高めたい場合には、妊娠する可能性が高いときに仲良くしなくてはなりません。その時期というのは、自分自身の体のことであっても簡単には判断できません。できるだけ正確に知ることができる目安が必要です。

その目安となるのが排卵検査薬です。最近は通販で海外製を購入する方も増えてきています。いろいろなタイプのものがありますので、価格はもちろん品質などをチェックしながら選んでみてください。品質が悪いものは、陽性反応が出ても本当は違ったということもあります。陽性か陰性かの判定がわかりやすいかも選択の大きなポイントです。

排卵検査薬以外で排卵日を知る

女性には、妊娠の可能性が高い日とそうでない日があります。排卵があれば、妊娠しやすい体の状態にあるということです。排卵日を予測することで、妊娠するためにはいつ仲良くすべきか判断することができます。

卵子と精子には寿命があり、それぞれ24時間と3日間です。妊娠につながる排卵のタイミングを知るには、この条件も考えて仲良くする必要があります。

排卵日は体温が低くなりますので、毎日体温を測ることを習慣にしていれば、だいたいの排卵のタイミングというものが掴めてきます。ただそれだけではなく排卵検査薬を利用することで排卵日をより正確に把握できるようになり妊娠する可能性が高くなります。

大まかな判断基準になりますが、生理があった日から2週間後に排卵日が訪れるという判断基準もありますので、参考にしましょう。

この場合、28日周期で生理が来ている方にその判断基準を適用することができます。いろいろと自分の排卵日を知る方法がありますので、知識を蓄え実践することで妊娠に近付きます。

また、排卵検査薬を使用する場合は、無駄に本来使わないため、また、効率よく排卵日を見極めるため、基礎体温を最低2〜3ヶ月は記録しておくことをおすすめします。

© 2021 排卵検査薬を使うと妊娠の確率を上げることができます Powered by AFFINGER5